FC2ブログ
五十鈴ルイのブログです。 亀更新にはご了承を・・・。写真の著作権は全て撮影者に帰属します。
 こんばんは。五十鈴です。

 本日、8月15日は終戦記念日ですね。
 僕は祖母や亡くなった祖父が戦争を経験しており、軍需工場で働いたりフィリピンに出兵していたときのことを良く聞かされていました。そういったことを聞くと今の日本は本当に平和だなとつくづく思います。
 
 さ、僕は今日神奈川の岬港にも行って来ましたが、それは明日に回します。多分明日はネタ切れするので。今日は終戦記念日にちなんで夕方から行ってきた旧中川灯篭流しについて。
 前日に連絡したのにも関わらず、高校時代の友人が僕の誘いに乗ってくれて一緒に行きました。開始1時間前くらいに会場に着き、ブラブラして撮影場所の下見をしたりしてました。初めて行ったので、どこからどう流れるのか全く分からなかったもので・・・。
 
 では、ここでちょっと旧中川について。
― 旧中川は、1924年荒川放水路に注水を開始したことによって分断された中川の下流部分である。
江戸時代には歌川広重の名所江戸百景「逆井の渡し」や江戸名所図会の「平井聖天」(燈明寺)、新編武藏風土記稿の「逆井渡船場図」などで、情緒豊かな川であったことが知られており、川沿いに史跡が残っている。
1945年3月10日の東京大空襲では、猛火を逃れようと川に入った3000人以上が犠牲となった。その犠牲者の慰霊のために、1999年に「旧中川灯籠流し」が始まり、以来毎年8月15日に行われている。平常時は、両端の水門を締め切って両端とも荒川へ排水しているため水は流れていないが、灯篭流しの時だけは木下川水門より取水し、荒川ロックゲート側から排水することにより水流を発生させ、灯篭が流れるように工夫している。―Wikipediaより

 場所取りをしてから式典が始まり、まず最初に黙祷を捧げて犠牲者の冥福を祈り、花火を合図に灯篭流しが始まりました。
 風が強くて灯篭が煽られ、流れていく速度が速くなったり逆流したりと撮影は難しかったですが、何とか数枚は良い写真が撮れたかなと思います。
 灯篭流しは死者の魂を弔う日本の行事なので、空襲の犠牲者だけではなく、東日本大震災の犠牲者の冥福を祈るものや世界平和を祈るものまで、 皆様思い思いの願いや絵や言葉を灯篭に書いて流していました。
 
 まぁ、あまり大層なことが言えるような人間ではありませんが、こういった機会を通して、戦争だとか命の尊さみたいなものを考えるのも大切なのかなと思います。
 僕も今回の灯篭流しをみて、ちょっと考えさせられました。

 やはり、平和が一番ですね。
2012.8.15 342,2
 亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト




[2012/08/15 23:56] | 夜景
トラックバック:(0) |

平和
x都人x
こんにちは

此の平和な日々が何時までも
続くように祈りたいですね。

平和を導く光ー見たいでいいですね。

Re: 平和
五十鈴 ルイ
x都人x 様

コメント有難う御座います!!

日本は平和ですが、よくよく考えてみれば世界のどこかで内戦やら紛争やらが起こっています。
この灯篭流しで多くの平和を祈る灯篭が幻想的な光を放っていました。
その願いが叶うと良いですね。

またのご訪問をお待ちしております。


コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
平和
こんにちは

此の平和な日々が何時までも
続くように祈りたいですね。

平和を導く光ー見たいでいいですね。
2012/08/16(Thu) 12:58 | URL  | x都人x #-[ 編集]
Re: 平和
x都人x 様

コメント有難う御座います!!

日本は平和ですが、よくよく考えてみれば世界のどこかで内戦やら紛争やらが起こっています。
この灯篭流しで多くの平和を祈る灯篭が幻想的な光を放っていました。
その願いが叶うと良いですね。

またのご訪問をお待ちしております。
2012/08/16(Thu) 15:03 | URL  | 五十鈴 ルイ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: