FC2ブログ
五十鈴ルイのブログです。 亀更新にはご了承を・・・。写真の著作権は全て撮影者に帰属します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 こんばんは。五十鈴です。大学からよりの更新です。

今日の講義の中で友人が取り上げていた内容について、僕も共感したので、今回はその話。
皆さんは「見えない障害バッジ」を知っていますか?

― 「 さよなら。 」

ときつねがいった。

「 ぼくの秘密をいうよ。すごくかんたんなことだ。
心で見なければ、よく見えないっていうこと。
大切なことって、目には見えない。 」


『星の王子さま』
サン=テグジュペリ・角川文庫


難病、内部疾患、発達障害など、社会で認知されず、福祉政策でも「制度の谷間」に落ち込み、サポートが受けにくい「目に見えない」障がい、困難、痛みをもつ人が数多くいます。

電車で席を譲られることもなく、「怠けている」「わがまま」「やる気がない」と思われることもめずらしくありません。

「バッジをつけて、見えない障害を知ってもらおうよ。」

twitter のみんなの声から、このバッジはうまれました。障害をもつひとに当事者用と、もたないひとには啓発用を。

『 大切なものは目にみえない 』

きつねの秘密が刻んであります。当事者バッジをつけているひとがいたら、「お手伝いできることありますか?」って声をかけてみてくださいね -
わたしのフクシ。より

 で、そのバッジの写真が
見えない障害バッジ

 ハートマークが付いているのが当事者用。付いていないのが啓発者用です。透明なので、目立ちにくいのですが、「見えない障害」ということで、あえて透明にしたそうです。

 実は、僕の片割れは知的障害を持っています。少しくらい障害に関する知識は持っていても、僕はこのバッジの存在を恥ずかしながら知りませんでした。
 障害者に関わる者として、偽善かもしれませんがここで紹介をさせて頂きました。
 もし、このバッジを見かけたら、「何かお手伝いできませんか?」と勇気を出して声をかけてみて下さい。

 そして、啓発運動にご協力をお願い致します。因みに、このバッジの受注は来年の3月からスタートらしいです。
スポンサーサイト

[2012/12/19 18:50] | 障害
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。