FC2ブログ
五十鈴ルイのブログです。 亀更新にはご了承を・・・。写真の著作権は全て撮影者に帰属します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 こんにちは。今日は土曜日なので仕事は休み。実家に帰って11時まで寝てた五十鈴です。
 
 前の記事にもチラッと何回か書きましたが、いい加減に仕事復帰したことを書こうと思います。
 
 僕がうつ病と診断され、休職になったのが6月。それから3か月をのんびりと(?)乗り切って、9月の下旬に職場復帰になりました。
休んだ当初は1か月で復帰してやると思って、「自分のペースで」「焦らずにゆっくりと」なんて言いながらも、元気になろうと無理矢理身体を動かしてみたり、趣味のことに没頭してみたり。要は、焦っていたという事実には変わりなく、そんな短期間で復帰できる状態になるわけもなく。医師に「3か月は休みなさい。例えあなたが仕事を解雇されるようなことになっても、3か月は休職が必要と診断書に書くよ」と言われてショックを受けた時もありました。
 でも、それもどこかでは理解していて、まだ休まなければいけないと言われたことにホッとした自分もいて、複雑な心境になっていた休職2か月目。この頃から、今の状態では仕事は無理だと自覚するようになりました。気力も無理矢理取り繕っていただけで、実際には殆どないし、体力だって落ちて疲れやすくなる。確実にうつ病の症状で、受け入れなければいけないと思いました。
 医師が言った通りに休職3か月目になり、そこからは復帰に向けて体力を戻すために生活習慣を仕事がある日と同じようにしてみたり、なるべく外出して身体を慣らしたり。これをリワークと言いますが、友人と出かけるのもその一環として取り入れてました。
 職場の方では病休扱い。90日の期間が与えられているので、その期間が切れる前にもう一度医師と面談。「表情もよくなって、考え方も変わってきた。もう戻っても大丈夫。ただし、良くなったり悪くなったりの壁はあるよ」と言われながら、復帰のGOサインが出ました。その後、職場の産業医とも面談して、正式に復帰が決まり、残り数日で復帰というときに所属していた病棟の師長から呼び出されました。
 僕がいた病棟は救急科の病棟。つまり、救命救急センターとか重症の患者さんを受け入れ、常にバタバタしているような場所。復帰してすぐはリハビリ勤務期間として、正式勤務ではないけど、元の場所に戻れる。戻りたいと思っていました。自分が望んだ場所だったし、そこにいることに誇りを持っていたから。
 でも、師長から言われたのは全く別の精神科病棟でした。やっている内容も全く違うし、また1から始めなければならない。救急にいる他の同期とこれ以上差をつけられたくないという思いで、瞬間的に初めて「この職場を辞めたい」と思いました。ショックのあまり、うつの様な症状が再発し、母に強制的に心療内科に連れて行かれたり。でも結局は忙しさで忙殺されるような病棟に戻って、また再発させるより、比較的穏やかな精神科の方に戻すのは、当たり前。雇用されている身で、希望通りにいかないことも当たり前なのだと言われて、そこで踏ん切りがついた感じ。
 今は救急科ではなく、精神科でリハビリ勤務をしています。最初の2週間は4時間勤務で午前中だけ。その次の2週間は6時間勤務。その次は8時間でフルタイム勤務になります。今週でフルタイム勤務になって2週間が経過。だいぶ新しい病棟にも慣れてきたところで、また別の悩みも出てきたり。それは長文になったので、また次の機会に。

 僕を退職させたくないという話が前提に進んだ復帰の話。救急科の師長は、救急の病棟スタッフには僕がうつ病で休んだことを隠してくれているみたいですし(表向きはめまいの加療になっているらしい)、精神科の病棟も、看護師1年目で実質2か月しか勤務経験のなかった僕を受け入れてくれて、つくづく恵まれたんだと思います。

 夕焼け

 リハビリ勤務の目安は2か月。まぁ、これも僕の調子次第みたいですが、あともう少しで復帰してから2か月経ちます。これからどうなるのか、僕本人にもよく分かっていませんが(←)、また来週からも頑張ろう!

 では、かなり長くなりましたが、今回はこの辺りで。
 以上、五十鈴でした。
スポンサーサイト

[2015/11/07 15:42] | 風景
トラックバック:(0) |


花のんの
こんばんは~
本当に良くあなたのことを考えていてくれる職場ですね
ありがたいことです
これからまだまだ長い人生です。
自分を大切に、でも自分以外にも自分を大切に思っていてくれる人がいることを忘れずに・・・
ステキな写真また見せてくださいね~(^O^)

Re: タイトルなし
五十鈴 ルイ
花のんの様

コメントのお返事が遅くなりすみません。
正直、どう返して良いのか分からない状況になりました。
病院側の意見と僕の意見が食い違ってきたので、どうにも・・・。
色々とゆっくり考えていこうと思います。

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
こんばんは~
本当に良くあなたのことを考えていてくれる職場ですね
ありがたいことです
これからまだまだ長い人生です。
自分を大切に、でも自分以外にも自分を大切に思っていてくれる人がいることを忘れずに・・・
ステキな写真また見せてくださいね~(^O^)
2015/11/10(Tue) 23:09 | URL  | 花のんの #-[ 編集]
Re: タイトルなし
花のんの様

コメントのお返事が遅くなりすみません。
正直、どう返して良いのか分からない状況になりました。
病院側の意見と僕の意見が食い違ってきたので、どうにも・・・。
色々とゆっくり考えていこうと思います。
2016/01/13(Wed) 14:01 | URL  | 五十鈴 ルイ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。